AFS日本協会 名古屋南支部
                             

お茶会

9月25日、森岡町でお茶の先生をしていらっしゃる伴さんのお宅で、春からの年間留学生3名と8月に来日したばかりの留学生1名を招いてのお茶会が開かれました。月がとてもきれいに出ていた晩で、秋の風情を感じながら、お月見を兼ねたすてきなお茶会になりました。

お茶の作法は、学校ですでに習ったことのあるアリッサが詳しく、みんなに教えている場面も見られました。一口飲んで、「結構でございます」と会釈する姿はなかなか様になっていました。
今年の留学生は、みんなお饅頭も、苦いお抹茶も好きなようです。ただ、やはり正座はどうしても苦手なようですぐに足をくずしていました。
たまたま居合わせた別のお客さんや高校生たちとも、最近めっきり上達した日本語で話がはずみ、楽しいひと時を過ごしました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト