あいち健康スポーツ応援団
                             

   コラビア出発  『加子母ちょっぴりウォーク』

 
  〜かしも南北街道ウォーキング〜
  
  平成22年10月31日(日曜日)

 大府・加子母交流企画の第一弾として
ウォーキングイベントを開催いたしました。ご参加いただいたのは大府市・知多市・名古屋市にお住まいの13歳〜64歳までの方で、ご参加の中にはオランダより留学している学生さんの姿もありました。


ウォーキングコースは歴史を再発見できる加子母観音〜明治座〜内木家〜法禅寺〜郷土館〜薬草園〜道の駅・加子母の約5.0K
当日は、加子母総合事務所の方のご案内でウォーキングがスタートしました。
岐阜県重要有形民俗文化財
【明治座】
かつて東濃地方には60棟以上の劇場形式の農村舞台があったそうです。とっても本格的な芝居小屋で両サイドに花道もありみんなで歩きました。
江戸時代、尾張藩から山守を命じられた名家【内木家】
古くて凄く立派なお屋敷でした。留学生の方は凄くいろりに興奮しておりました。
薬師如来と千体地蔵が祀られている、加子母で唯一のお寺【法禅寺】
高い場所にあるので町が見渡せました。
明治27年に建てられた旧村役場【郷土館】
館内には、昔のテレビや当時着ていた服、農業の機械などがさまざまな物が展示されており、中には戦争で使われていたものがあったので言葉を失うほどでした。当日は地元の方がわらじでウォーキングイベントに参加していた方もいらっしゃいました。
個人で所有されている薬草園でいろいろな植物の勉強をしました。中にはその場で食べられる物があり、今回はあまい薬草を頂きました。
最後まで自然を感じ、都会の町並みを忘れながら、全員自分のペースで歩き【道の駅加子母】までウォーキングを楽しみました。
ウォーキング後には、大正13年に国指定天然記念物に指定された【加子母大杉】や源頼朝もひざまずいたといわれる鎌倉石を見学し、加子母を満喫した1日を過ごしてきました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト