吉田自治区&吉田まちづくり協議会
                               

平成22年度「ふれあい健康歩け歩け大会&もちつき大会」

 吉田まちづくり協議会(コミュニティ)
恒例の、歩け歩け大会&もちつき大会が、
12月12日(日)午前9時過ぎから開催されました。
 ウォーキングと、もちつきを組み合わせたユニークな行事ですが、長年続けられて来て、吉田のまちに馴染んでいます。
 当日は快晴の大会日和で、多数の参加者が集いました。
 久野孝保市長はじめ来賓各位の挨拶、注意事項の説明の後、シンボル旗を先頭に出発しました。
 

 吉田公民館から奥池までの往復約5キロ・2時間の行程です。
 多数の参加者が、事故もなく、完歩しました。
 奥池に着いて、奥池地域保全隊の、環境にやさしい農業の説明を聞き、アンケートの記入などをしました。
 完歩して、このアンケート用紙と引き換えで、キャベツ1個が保全隊から提供されます。
帰着すると、おもちが出来上がっています。施設の入居者や独り暮らしのお年寄りなどの招待者も、一緒に頂きます。
今日使われたお米は、吉田小学校の生徒さんと一緒に、田植え・稲刈り体験をして、収穫されたものです。 
 お米の仕込みや野菜の(区民の皆さまからのご寄付の分を含めて)調理は前日から、会場の設営なども前もって準備されています。
 かまど8台・臼4台・電動もちつき機2台など、大掛かりです。
 雑煮もち・あんこもちなど、十分に用意されていますが、屋台には長い列が出来ていました。
日差しも暖かく、芝生でゆっくり頂く人たちもいて、満足な1日だったと思います。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト