AFS日本協会 名古屋南支部
                             

国際料理交流会

2011年7月24日(日)
大府公民館にて、AFS語学研修生と食を通した交流会を行いました。
参加者は約50人
タコス、シュリンプサラダ、水餃子、チーズケーキ、巻きずしなどを協力して作りました。
作った後は、食べながら、お互いの紹介や、留学の経験を聞くなど、楽しくおなかもいっぱいになった時間でした。

知多メディアスが取材してくださって、エリアニュースとして放送されました。インターネットで見ることもできます。

黄くん(香港)は、将来パティシエになりたいとかで、得意のチーズケーキを。mayumiちゃん(アメリカ)はメキシコ系のルーツを持つので、タコスなどを紹介してくれました。
皮から作る水餃子。子どもたちも挑戦しました。
一通り食べた後の自己紹介。
留学から帰国したばかりの高校生や、留学直前の高校生、海外に住んだ経験のある方、在住のフィリピン人の方、日本語教室ボランティアの方など、色々な出会いがありました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト