あそびのいっぽ
                             

段ボール紙で等身大の自分を作って手をつないでみよう!

コラビアまつりでミニ講座の様子です。
駿一くんが等身大の自分を描いています。
本人も絵もいい笑顔ですね♪

当日は、体調不良で欠席の子もいて少人数になってしまいましたが、会場の大きさからするとちょうどいい人数でした。

作った自分と手をつなぐのは恥ずかしいと子どもたちは思うようで、なかなか手をつなげずにいました。

作った自分を見てどう思ったのか一人ひとり聞いてみたら、「大きい」と思った子、「小さい」と思った子さまざまでした。「自分だけど、自分じゃないみたい・・・」、「自分と手をつなぐのはちょっと勇気がいる」と言っていました。

参加してくれた子どもたち、ありがとうねっ☆☆

今日の私の髪型ってどんなんだっけ・・・とママと話しながらももちゃんが作っています。
自分を描くのが照れくさいようで、ずっとはにかみながら作っていたのが可愛かったです。
自分が楽しい!と思うポーズをするんだよ、とテーマをもうけました。みんなポーズ決めも色を選ぶのもけっこう真剣に考えて悩んでいました。
自分を型どられるのって、どんな気分?と聞いたら、「どんなのができるのか起き上って見るのがドキドキした」と言っていました。
リボンとハートを持っています。
楽しさが伝わってきますね。可愛い♪♪
仲良し姉弟が手をつないでいます。素敵ですね☆
大好きなドッチボールをしています。今にもボ−ルが飛んできそう!
手に星を持っています。
夢の中の自分を描いたそうです。
星をつかんでみたいと誰もが一度思いますよね。
私も今でも思います。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト