子ども芸能祭実行委員会
                               

平成24年度 第5回子ども芸能祭                     第3実行委員会

 9月9日(日)森岡公民館にて「第5回子ども芸能祭」へ向けての第3回実行委員会を行いました。
 
 この実行委員会の前半は,先の回で決めた「第5回子ども芸能祭」のテーマに基づいてポスターやチラシのデザインを話し合いました。

 後半では,子ども芸能祭のステージ発表を終えた後に行う『交流会』で,参加の皆さんや応援してくださった大人の方を交えて楽しい交流会にしようと,交流会の企画を話し合いました。

 前半も後半も,合わせて2時間という長い時間を集中して話し合いを進める実行委員のみなさんのがんばりでした。 

 第5回子ども芸能祭のテーマを具現化するために,実行委員の皆さんがよく頑張っています。

「親子みんなですてきな『輪」をつくろう!」
 〜笑顔 元気 絆〜

どんなポスターのデザインにしようかな, 
自分の描くアイデアを,メモとして整理して,
全体の話し合いでした。
上手に子どもたちの発想を交換していただいた大人実行委員さんの進行も見事でした。
 積極的に手を挙げて,自分たちの考えをもって話し合いを進めていました。
 子ども実行委員の目の輝きから,芸能祭を創りあげようとする一人ひとりの意欲を感じます。 
 この日の実行委員会には,急きょご参加いただいたお父さんも一緒になって考えてくださいました。
 
 テーマに基づいて,子どもと大人(親)一緒になって『子ども芸能祭』を盛り上げる。
 ポスターのでき上がりが楽しみです。
 第3回実行委員会の後半では,「交流会」で何をしようかと話し合いを進めました。
 出された案を,実際に体を動かしてみんなで検討を進める場面もありました。
 堂々と演じてくれる実行委員さんでした。
 いろいろな計画を進めようとするとき,いつも実行委員の頭に浮かぶ原点は,みんなで決めたこのテーマ。
 交流会を楽しく,しかもスムーズに進めるために,
 交流会の流れまで考えて意見を交換することができました。
 実行委員会での話し合いが,徐々に具体的に,そして活発に進められました。
 『第5回子ども芸能祭』のテーマに近づくために,一歩一歩確実に進んでいます。 

 次の実行委員会は,10月14日です。
 本番を成功させるために,自分たちでできる仕事について考えていきます。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト