あそびのいっぽ
                             

木のバスに色を塗ろう☆

今日は、木のバスに色を塗って遊ぶ講座をしました。たくさんの親子に参加していただきました。今日の出会いに感謝申し上げます。
写真は木をバスの形にきって作った基本材料です。
これに、運転手のシールをはり、子どもたちにお客さんシールを選んで貼ってもらいました。
そしてお待ちかねの色塗りです。タンポで色を塗る子、筆で塗りたい子、それぞれ好きな色を選んで思い思いに仕上げていました。
スタッフがボンドでくっつける作業をしていると自分のバスがいつできるの待ち切れずのぞきこんで見ている子もいました。
できあがったバスを渡すとみんなすぐに床で走らせて遊んでいました! 
おうちでいっぱい遊んでね☆

何色で塗るか迷いつつ、黄色で塗り始めたところです。
どんなバスに仕上がるか楽しみですね。
筆で青色をスーっと塗っています。濃くきれいに塗っていました。
自分1人で筆を上手に使ってサッと塗っていました。バスの横面だけでなく、木を立てて側面も丁寧にぬっていました。スゴイ上手だね〜と思わず言ってしまいました。
絵の具が出てきたら、急に目がキラキラと輝きだしたのが印象的でした。絵の具が使いたくて待ち切れなかったようです。黄緑も黄色も塗りたいんでしょうね。両手に持たずにはいられません! とても可愛いです!
「できたよ〜」と完成したバスを見せに来てくれました。黄緑色のベースに赤と青が映えていますね。
絵の具とボンドが乾くまでの間に、バスが出てくる絵本の読み聞かせと、バスに関するリズム遊びをしました。絵本を呼んでいると、「バス乗ったことあるよ」、「あ、ゾウがのってる!」と子どもたちがいろいろお話ししてくれました。
楽しいひとときでした。参加してくれたみなさん、ありがとうございました!

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト