OBUエニスポ
                             

OBUエニスポ ファミリー体験             サツマイモの収穫と焼き芋体験                 11月4日(月;振替休日)

 11月4日(月;振替休日)。
 5月にみんなで植えたサツマイモの苗が,うねが見えないくらいにいっぱいに広がってくれました。
 今日は,サツマイモの掘り出しと,掘ったいもで焼きいもを焼く体験です。
 ご覧のようにおいしそうな焼きいもができました。






OBUエニスポ全体のホームページは,下のURLでご覧ください。
http://www.medias.ne.jp/~obanyspo/

 五つのうねのつるや葉をかき分けて,うねの上にたばねました。 子どもたちは,大人のみなさんに助けてもらいながらのさぎょうです。
 うねの間のからんだつるをかき分けたり引っぱったりと,ちょっと苦労する作業でした。
 ていねいに仕上がりました。
 みんなで力を合わせて,つるを手前に引っぱりました。
 株の根元が見えてきました。
 左と右の2つのグループに分かれて,2うねを掘り出す準備です。
 力いっぱいで持ち上げて,根元をかまで切りはなしました。
 少し土をどけるとサツマイモが見えてきました。
 いもにきずがつかないように,ていねいにていねいに土をどけていきました。
 大きなイモが出てくるかな。
 ワクワクしながら土をどけていきました。  
 
 ヤッター!! でっかいなぁ!
 おばあちゃんの力も借りて。 
お母さんにしか持てないですね。
 どうですか?。良い形でしょ。
 自分のほったイモ。得意満面!!
 うーん。まだ出てこないよう。
 次のうねにも挑戦です。
 一家族で,五つの株くらいを掘り出して持ち帰っていただきました。
 畑から,大府市民活動センターへ移動です。
 移動した会場に着いて,さっそく焼きいもの準備です。おいしそうないもを選んでどろを落として,新聞紙で包んで,アルミホイルを巻いて。
 まずは,マッチすり体験。
 火がつかないと焼いもができませんから。
 さわったこともないマッチです。こわごわですが,手をそえたお母さんの気持ちが分かります。
 この日は,ちょっと強い風がふていていました。
 風よけに手を広げ,子どもを思う大人の姿がうるわしかったな!
 マッチをする体験では,みんなが緊張して真剣に取り組んでいました。
 火がついたよ!
 草が燃えてる・燃えてる!
 やけどやけがのないように,子どももおとなも一生けんめいに準備です。 
 ていねいにアルミホイルでくるんで。一斗缶に入れたり,直接火に入れたりして,おいしい焼いもを楽しみに作業が進みました。
 焼けたかなぁ。熱いなぁ。
 あっ,焼けてる焼けてる。
 おいしそう!!
 今日は,いもほりをして,おいしい焼いもができて。
 楽しい一日になりましたね。
 今回,いも掘りに参加いただいたみなさんです。
 このコンクリートの板は,一枚で何十圓發△襪發里任后
 まきの不足分を補ったり,枯草や松葉を集めたりと,本当にお世話になりました。
 みなさん。焼いもの炉の準備や片づけをしてくださった方々のあること。みなさんが集めた燃料のほかにも補充をしてくださった方があることを,心の片すみにおいて,「ありがとう」という気持ちを忘れないでくださいね。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト