あそびのいっぽ
                             

コラビアまつりのお手伝い

コラビア祭りで、参加団体さんのメッセージを貼るための球体を白くしたいのだけど、どうしよう・・・という話をコラビアスタッフさんから聞いたので、ぜひお手伝いさせてください!と名乗り出ました♪
大きな球体を白くする作業、想像しただけでもワクワクします。(そう思うのは私だけ?) 子どもたちと一緒にやったら絶対喜ぶ!と直感しました。
家に帰って子どもたちに話したら想像通り「やるやる!手伝いたい!!!」と大喜び。
早速今日(1/25)作ってきました。

←次男はのりと水を混ぜ混ぜする係です。

最初はこんな色の球体でした。
デコボコ、ザラザラしています。
写真ではわかりづらいですが、けっこう大きいです。
長男はハケでのりを塗っています。
環境に優しいデンプンのりを使用しました。
何枚も何枚も紙を重ねて貼ります。夢中でやっていて、気がつけば2時間近く過ぎていました。
ただの白い球体では味気ないなぁと思い。ハート型にピンクの薄紙を切って散りばめてみました。
今年のコラビアまつりのテーマは「広めよう!つなぎ・つながる・みんなの手」。
参加団体さんたちと来場者のみなさんの心がつながったらいいなぁと願いをこめながら作りました。

3/2のコラビアまつりでは、参加団体さんが書いた人型のメッセージカードが貼られて展示されるそうです。
どんな風になるのか楽しみです!
センター長さんがコラビアまつりの看板に飾りをつけたいと話しているのを聞き、「花を作りたい!」と長男がまたまたお手伝い宣言。お花紙を持ちあわせていたのでグッドタイミングです。ついでに作ることにしました。さすが、小学生! 頼もしいお兄ちゃんです。
できあがったお花を見て、次男は「何それ?」「わかった、はなカッパでしょ。春夏秋冬、朝昼晩〜♪ 開花〜♪」と歌い出しました。いえいえ、違うんですけど・・・と思いつつ、開花のポーズで写真撮影。3歳の子の発想って面白い☆ 家に帰ったら今日は子どもたちと「はなカッパ遊び」をしよ〜っと!  

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト