子ども芸能祭実行委員会
                               

第7回子ども芸能祭 第2回実行委員会                平成26年8月17日(日)

 平成26年11月23日(日)大府市役所地下多目的ホールで開催する『第7回子ども芸能祭』に向けて,第2回の実行委員会を行いました。
 この実行委員会では,たくさんのお客さまに会場へ足を運んでいただき『子ども芸能祭』を盛り上げていただけるように案内するポスターやチラシのデザインを中心にして話し合いを進めました。
 第1回実行委員会で決めたテーマを,ポスターのデザインとしてどのように表現するか。個人個人のアイデアを,みんなの話し合いの材料にしながらみんなで相談しながらつくりあげていきました。
 でき上がりを楽しみにお待ちください。

 今日の実行委員会から,新しくお父さまが参加してくださいました。ご両親そろっての実行委員ファミリーが2軒になりました。たいへんありがたいことです。
 そして,グループでの話し合いなどの折には,あえて親子が違うグループに入って話し合いに参加しようとするなどの姿勢が感じられました。親子の関係だけではなくて,いろいろな大人の方々と意見の交換ができる。すばらしい取り組みだと思いました。
 我が子だけのことではなくて,ここに関わる大人が“みんなで子育て”。こんな実行委員会になりました。

       第7回子ども芸能祭のテーマ
*******************************     『咲かせよう! みんなでつくる笑顔の大輪を!!』    **
***************************** 
 
 この事業は,大府市役所文化スポーツ課の委託事業としての取り組みです。
 実行委員になって行事を創りあげたい人や,当日ステージ発表をしたい団体など,まだまだご連絡をお待ちします。
 下のメールアドレスあてにご連絡ください。

 kodomogeinousai@yahoo.co.jp
 

 
   

 これまでに行ってきた「子ども芸能祭」のポスターには,子ども実行委員が描いた挿し絵がどのように使われているのでしょうか。
 見つかりますか?
 実は,実行委員のみんなが描いた挿し絵がいろいろな部分で使われているのですね。
 私の持っているお姉さんが描いたこの絵は,ポスターのここにのっているよ。
 ひとり一人の実行委員が,今回の「子ども芸能祭」のテーマを
どのように絵として表現しようかと,工夫しながらイメージを描きました。
 もちろん,大人実行委員の皆さんも知恵をめぐらしながら,紙の上に表現していただきました。

 ひとり一人が描いたイメージをもとにして,グループでの話し合いへと進めました。
 自分の工夫を発表し,グループの仲間の意見を吸い上げながら,グループでひとつの作品に仕上げていきました。
 次は実行委員会全体での話し合いです。
 「私たちは,こんな工夫をしてテーマを表現しようとしました。」
 意見を交換しながら全体でひとつのポスターの原画の構想をまとめることができました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト