子ども文化交流会
                               

子ども文化交流会主催                               パッションフルーツの蔓でリースつくり                      平成26年10月21日(火)

 子ども文化交流会は,大府市民活動センター開館以来,施設周りの植栽の管理や花々の整備,グリーンカーテンの設置,コラビア農園と称して「農」や「収穫」などの体験ができるような活動などを進めてきました。
 盛夏の日差しを和らげてくれたグリーンカーテンの植物のうちでパッションフルーツだけが残してありました。この網の撤去に合わせて,リース作りの材料にしていただくことができました。
 この催しには20名を超える各団体の皆さまや,当日のコラビアでのランチを楽しんでおいでだった市民の方々などたくさんの皆さまにご参加いただくことができました。
 ありがとうございました。

 大府市民活動センター開館以来6年間弱。施設の外回りの環境を整えようと活動を進めてまいりました。この間,花々やグリーンカーテンなどに目をとめていただき,お声掛けもいただいてきました。皆さま方からの,このようなお声が活動の励みになってがんばってきましたが,本日のこの活動以降,大府市民活動センターでの緑花活動を一旦休止させていただきます。ありがとうございました。
 このため,これまでに使ってきたプランターやグリーンカーテン用の網などが不要になります。ご希望の皆さまには無償でお渡します。
 ご希望の方は,下記のアドレス宛てに電子メールでご連絡ください。
  hkatsujiquartz@yahoo.co.jp

 
   

 グリーンカーテン用に張ってあった網から,下に向けて力いっぱい引っ張って蔓をむしり取りました。
 その蔓を巻いて巻いて作業を進めていただきました。

 たくさんの方々にご支援をいただきました。ありがとうございました。
 実も落とさないように活かしながらリースを巻いてくださった方もありました。
 みなさん黙々と一生懸命に巻いていただきました。
リースを巻き終えて,網に絡んだ蔓を外したり,網の撤去や付近の掃除などを手伝ってくださった方もありました。ありがとうございました。
 10月のこの日までパッションフルーツの花や実がついていました。
 初夏から秋まで,小さなプランターでしたがよくがんばって育ってくれました。 
 夏の日差しを和らげるカーテンに育ってくれました。
 この写真は,7月15日に交流スペースから見たグリーンカーテンです。
 子どもたちのさまざまな体験のできる場所として,収穫体験もしていただくことができました。


 これまで大府市民活動センターの窓下から緑花を支えてくれた,写真でご覧のようなプランターや鉢が不要になりました。
 ご希望の方には無償でお渡しできます。ご連絡ください。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト