小さなコンサートを届ける会
                               

福田直樹さんピアノコンサート アローブ

7月にオープンしたアローブ(大府文化交流の杜)ギャラリーで世界で活躍されるピアニストの福田直樹さんの演奏会を行ないました。25年に亘る福祉演奏の経験などもお聞きし目の前で演奏を楽しむ会でした。子供の教育や福祉施設での演奏の考え方など事例を交えたお話でした。プロジェクターとスクリーンを使って、ムソルグスキーの「展覧会の絵」を映像を写しながらの演奏もしていただきましたが、耳から、目から、体全体に響きが吸い込まれえる震える時間でした。ビュッシーの「月の光」も自閉症の子供達の施設で演奏されたときに子供達が演奏を聴いてから描いた映像と共に演奏していただきましたが、一人ひとりが自分達の想像した世界で描いた絵は色も表現も形も全く異なり音楽が心を潤すことを感じました。

 
   

同じ言葉でも声により受け取り方は全く違うなどの事例をもとに音の大事さの話があった。
バッハやショパンの演奏。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト