あそびのいっぽ
                             

2/13 子育て支援講演会 共長小学校1/2成人式

今年度3回目の講演会を開催しました。
この講演会は普段の活動とは違い、出前講座として共長小学校で開催させていただきました。
4年生が行う1/2成人式に合わせて、助産師の先生に小学校4年生全児童と希望する全保護者向けにです。
開催にあたり、協力してくださった、共長小学校の校長先生、教頭先生をはじめとする先生方に深く感謝申し上げます。

内容は、「 大人への準備 」〜1/2成人式をむかえる私たち〜 というテーマで、助産師の先生から、生命の神秘、胎児の力、命の誕生について、そして、いのちと身体の大切さについて話していただきました。

3時間目の子どもたちによる1/2成人式の発表はとても素晴らしいもので、感動しました。
そして、その後に聞くいのちと性の話は、子どもたちが10歳というふしめの歳を迎えたんだという実感がわくものでした。子どもの成長を喜び、認めて、見守って、応援していける親でありたいです。

そして、多くの御家庭で、親子でいのちと性の話を聞いた今日を機に、子も親も共通理解でき、家庭で性について話をきりだすタイミングの助けとなればと願っています。


  

 
   

助産師の先生は、なんと妊娠5か月の妊婦さんでもあるんです。
このくらいの赤ちゃんがおなかの中にいるんだよ、と模型をあてて説明してくれました。
ありがとうございました。
100人近い保護者の方にご出席いただきました。お父さんの参加もありました。ありがとうございました。
最初のいのちの大きさの紙を不思議そうに何度も見る児童。
胎児の模型を使っての説明に子どもたちは、興味津々。のぞき込んでじっと見つめていました。
4時間目の後は、保護者のみ残り、30分間保護者向けの話をしていただきました。
親として、子に正しい情報をどう伝えるか、考えさせられました。
参加した保護者の方に書いていただいた感想用紙には、助産師さんからの正しい性の知識を子どもたちに伝えていただけたことの感謝の言葉がありました。
ちょうどそろそろ身体の成長について話さなきゃと思っていた親御さんも多く、参考になったという意見も多かったです。
一生懸命準備した甲斐がありました。ありがとうございました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト