知多半島春の国際音楽祭 大府市実行委員会
                               

知多半島春の音楽祭2015 大府市実行委員会企画               キッズプログラム『マラソンコンサート』

 3月7日(土)午前10時30分から午後2時頃まで,げんきの郷すくすくケ丘を会場にお借りして,その名のとおりの長時間連続コンサート『マラソンコンサート』を開催しました。
 これまでに2回開催したキッズプログラム“おやこDE音楽会”でご活躍いただいたバイオリン奏者平松優公子さんに,今日の活動も支えていただきました。
 屋外での音楽会ですので空模様には不安がありましたが,なんとか無事に進行することができました。
 会場には,たくさんの教室生や,げんきの郷での買い物ついでにお聞きいただいた聴衆のみなさんにおいでいただくことができ,子どもたちの爽やかな演奏や歌声,専門家の演奏などをお届けすることができました。

 
   

 げんきの郷「すくすくケ丘」中央の広場を会場にして,開放的な空間での音楽会になりました。

 就学前の子どもさんたちのバイオリン演奏もたくさんありました。
 人の前で演奏するのは初めての体験という子どもたちもいました。姉と弟という組み合わせのデュエットもありました。
 
 今日が誕生日という5歳の男の子には,会場の皆さんから「ハッピーバースデイ」の歌がプレゼントされ,和気あいあいのコンサートが続きました。
 子どもたちが「ようかい体操」を歌い踊ったり,創作の振りをつけて「ドレミの歌」を歌ったりと,皆さんのお力で楽しいコンサートになりました。
 
 バイオリンを演奏してくださった平松さまとお仲間のみなさんによって,弦楽器の調べを身近にお届けいただくことができました。
 せっかくの機会ですから,母娘でピアノ連弾。
 平松さまの4歳のお嬢様も納得のようでした。
 今日のマラソンコンサートにがんばってくれた子どもたちには,大じゃんけん大会でお土産付きのサービスでした。

 長い時間の演奏会。お付き合いくださって,ありがとうございました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト