あそびのいっぽ
                             

鳥獣戯画の壁掛けをつくろう!

3/31鳥獣戯画の壁掛け作りをしました。小1〜中1までの子どもたちが参加し、京都の高山寺に伝わる紙本墨画の国宝の絵巻物、鳥獣戯画に挑戦です。
そう聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、絵が苦手なお子さんでも描ける手法をつかって、講師の小野先生が丁寧に教えてくれました。
最後は壁かけ用の表装にもチャンレンジ。 
普段子どもたちが親しむことの少ない、日本の伝統文化を身近に感じることのできる貴重な機会となりました。
ケーブルテレビ知多メディアス、エリアニュースの取材を受けました。
詳細はこちら↓
http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=3652


 
   

長く広げられた鳥獣戯画の複写本を広げると「わぁ〜!!」と子どもも大人も、興味津々で目が輝きました。
うさぎ、かえるなどなじみのある動物が描かれた「甲巻」、想像上の不思議な生き物が描かれた「乙巻」、とても魅力的です。持ってきてくださった小野先生に感謝、感謝です!
デモンストレーションの手先が見えるように、プロジェクターで大きく写しだして、実演。わかりやすいですね。
子どもたちは、みんなすごい集中力で書き写していました。

とても楽しかったという女の子から、もう一個作っておばあちゃんにプレゼントしたいので、材料をわけてほしいと翌日問合せがありました。
なんて、いい子なの!!!!
もちろんOK♪ 
子どもたちの気持ちに応えてこそ、私の活動です。
何人かの子どもたちに、完成した絵を発表してもらいました。
恥ずかしそうにしながらも、しっかり説明でき、大きな拍手につつまれました。
今回は、1年生女子4名がとても頑張りました☆彡
最後に講師の先生と参加者で記念撮影! みんな作品のできばえに大満足で、いい顔しています♪
使用した筆ペン、大人気でした!
初めて筆ペンで書いたという子も多く、面白い〜とニコニコ。参加者にはそのままお持ち帰りでプレゼントしました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト