あそびのいっぽ
                             

10/8 子育て支援講演会 思春期の子どものこころに寄り添える親になるために

とても楽しみにしていた江口昇勇先生の講演会を開催しました。
定員を大幅に上回るとても多くの方にお申込みをいただき、会場がせまいくらいでした。
「講演会を聞いてみたい」と思ったママたちの子どもを想う気持ちにできる限り応えたいと思い、定員以上の参加を受けることにしました。机が足りず、イスのみの席になってしまった方、大変申し訳ありませんでした。
開演の挨拶&終演の挨拶をさせていただきましたが、聴講者のみなさんの熱心なまなざしに本気度を感じました。
こんなにも多くのママたちが、子どもの気持ちに寄り添いたい、少しでもわかってあげたいと学ぶ姿勢は、感無量です。
2時間の講演でしたが、アンケートの感想を読むともっと聞きたいと感じた方も多かったようです。
続きの話が聞きたい、違うテーマでも聞きたいというご意見をいただきました。
皆さんに書いていただいた感想はすべて目を通し、支援できる部分は行動にうつすことが、私のできることだと思っています。
江口先生には、来年度も講演依頼済です! ご安心を!
皆さんの学びたい気持ちがとぎれることのないように、支援していきたいと思います。
また、「あそびのいっぽ」の活動を手伝いたいと声もかけてくださる方もいました。嬉しい限りです。心より感謝申し上げます。



 
   

皆さん、真剣にメモをとり聞き入っていました。
江口先生の話は、専門的であるだけでなく、ユーモアもあり、思わずくすっと笑ってしまう時もありました。
そこが、先生の魅力です!
最初に先生が読んでくださった詩、良かったですね。心に響きました。わが身を振り返り反省した・・・と言った方がいいかもしれません。
親の不安定さは、子どもにうつると先生もお話しされていました。
皆さん、プレゼントした美術館のチケット、使ってくださいね。
可愛い絵を見て、ママもリフレッシュしましょう☆彡
江口先生の次回の講演会の日程は、決まり次第お知らせします。ご期待ください!

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト