スマイルひねる会
                               

福島県訪問交流体験研修

福島県いわき市を訪問して現地で復興
推進のNPO法人と交流。いわき市から
帰還困難地区迄のガイドをして頂き
現在の様子に付いて視察体験。
帰還困難地区には放射線測定器の設置
が数か所に有り、線量を常時測定表示。
周囲は生き物は全く居なくゴストタウン状態。
その他の団体とも交流や討議や農業体験
小学校訪問、支援、交流等を3日カ間に
渡り活動。報道では分ら無かった事実を
知る貴重な体験が出来ました。
この体験を地元の仲間に話しながら、今
何をすべきかを話し合って行きたい。

津波警報時に停電、地域へ連絡に
パトカーが出動、津波に呑まれ殉職
慰霊碑の前で内容説明を受けた
放射線の関係にて人が立ち入れ
る最前端の地域をガイドの案内
にて短時間視察
帰還困難地区に入り生き物が
居ない、ゴーストタウン化した町の
中を参加者で歩き体感した
プレハブの浜風商店街を訪問
当地のNPOの方に話しを聞き
ながら交流。街の皆さんが元気
で明るく前向きで元気を頂いた
夏井ファームにてオーガニックコットンの種まきの農業体験(お手伝い)実施
用土作りから貴重な体験が出来た
復興支援記念施設にてNPOさん
から、お話お聞き意見交換交流
おてんとSUN企業組合(NPO)にて
活動の説明を聞き交流。参加者
にて復興に向けての討議を実施
長倉小学校にてグランドの草取り
と交流実施。放課時間に子供達
も一緒に活動しました
以前の放射線の関係にて児童の
屋外での運動不足解消目的にて
運動で楽しく汗を流しました

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト