AFS日本協会 名古屋南支部
                             

留学生と料理交流会〜2016年7月16日

大府公民館料理室において、AFS夏の語学研修生と一緒に料理をしながら交流しました。

ブルガリア、ベルギー、イタリア、香港、モンゴルから1ヶ月間のプログラムで来ている高校生たち、ホストファミリーのみなさん、小中学生、親子など50人程の参加で楽しく交流できました。
各国語で行ったジャンケンや、国にまつわるクイズで賞品をゲットした子ども達が、世界の色々な国に興味を持ってくれると嬉しいです。

香港の留学生Hao Zhang君は子ども達に大人気。
イタリアのMartaはパスタを。モンゴルのOyunjargalはモンゴル餃子を作りました。
ブルガリアのVanyaは、パプリカの肉詰めにヨーグルトをかけて食べる料理を作りました。日本語が上手なので、ケーブルテレビのインタビューにもこたえていました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト