ふるさと ガイド おおぶ
                             

坐禅と民話紙芝居コース実施

7/23,31  9:00〜11:30
坐禅と民話紙芝居コースを実施しました。
おおぶふれあいゼミナール(大府商工会議所)の小学生高学年親子を対象とするイベントです。
延命寺にて住職の指導する坐禅体験とふるさとガイドによる大府民話紙芝居を鑑賞し、大府観音、大倉公園、桃山公園を散策しました。

延命寺住職による坐禅指導
結跏趺坐(けっかふーざ)で静かに背筋を伸ばして坐り、精神を集中する指導を受け、姿勢が崩れた時、警策(けいさく)の受け方の指導も受けました。
大府民話紙芝居
おしも井戸、桃山の龍神さんなどの大府に残っている民話の紙芝居をガイドが語り部となり観賞しました。
大府観音
けずり塚のたたり(桶狭間の戦いで戦死した人の塚を農作業で削り取ってしまった。それから不幸がかさなり、法華経行者が地鎮の行事を行い治まった)で祀られた事をガイドが説明しました。
大倉公園
登録有形文化財の茅葺門が提携都市の遠野市の職人が施工した事や日本庭園内のひょうたん池の河童の像が遠野市から送られた事などをガイドが説明しました。
桃山公園
桃山の名前の由来や風車モニュメントが大府市のランドマークになっている事。毎年4月上旬に桃山金徳龍神祭が開催される事をガイドが説明しました。
延命寺の蓮の花
毎春、植替えをしている蓮の花が今年も咲き始めました。
現在、大賀蓮と明光蓮が咲いてます。次は、藤壺蓮、中尊寺蓮あたりでしょうか。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト