あそびのいっぽ
                             

10/19 思春期の子をもつ親むけのワークショップ

10/19に名古屋大学大学院教育発達科学研究科の平石教授をお招きし、ワークショップ型の講座を開催しました。
今年3月に平石教授に来ていただいた講演会が好評で、参加者のみなさまから、もっと聞きたい、もう一度呼んでほしい、という声を反映して開催しました。
そのため、少人数でじっくり話しあえる内容にしました。

大変多忙の中来ていただいた先生には、感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。

平石教授が用意してくださるワークは、いつも好評です。
具体的な内容で、自分を客観的に顧みることができるからだと思います。

この日も「子どもの成長に対する認知・感情テスト」と「思春期の子育て態度テスト」をやりました。

その後、グループディスカッション。

自分が子どもに対してどう思っているのか、どうするといいのか、話し合いました。
いろいろな方と話すことで新しい気づきがあります。
また、子どもの年齢が違う母親同士で話すのも、いろいろな意見が出るのでとても参考になります。

参加者の中には、「まだまだ、もっと話が聞きたくなった」という声も複数ありました。
「一日中やってもきっと足りない!」「きりがないかもね!」なんて、冗談もでるくらい、充実した講座でした。

 
   


前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト