大府市民活動センター【コラビア】
                               

スキルアップ講座「カードゲームで学ぶ避難所運営」

日時:2016年6月16日(木)10:00〜12:00
講師:コラビアスタッフ内藤(NPO法人愛知ネット事務局員)
参加者:28名
協力団体:おおぶ防災ボランティア 7名

はじめに講師から“HUG”の進め方について説明が行われた後、参加者が5グループに分かれてゲームに入りました。
まず取り組んだのは、避難所に見立てた体育館内に受付所と通路を設けること、次に避難者の状況を示した“カード”(年齢、性別、ケガの程度、体調などそれぞれの抱える現状が記入されている)をいかに適切に配置するか、グループ毎に相談しながら決めていきました。ゲームが進むにつれて話し合いに熱が入り、全員が椅子から立ち上がっているグループも。
参加者からは、「避難所運営の大変さが実感できた」「避難所で起こることを想定しながらその解決策を日頃から考えておかなければ」など、防災への意識の高まりを感じることができました。


前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト