大府子ども食堂 ふれあい食堂
                             

第8回大府子ども食堂 ふれあい食堂

本日13時から第8回大府子ども食堂 ふれあい食堂が開催されました。
たくさんの参加者やスタッフ・ボランティアに支えられて、盛大に開催できたことに感謝申し上げます。

定員30名のところ、子ども11名、大人21名の32名の参加でした。
今回のメニューは、押し寿司、鯉のぼりいなり、ミネストローネ、サラダとフルーツ🥗です。

レクリエーションは市民活動センターコラビアのご紹介をしていただきましたNPO法人ROOTSの奥田知史様に行っていただきました。初の身体を動かすスポーツレクリエーションでした。
アンケートには、「身体を動かせてよかった」や「スポーツに詳しい方に教えて貰えてよかった」、年齢層も幅広い中でみんなと一体感をもったスポーツを行っていただきました。
子どもたちがどんどんのめり込んで、真剣に楽しんでいる姿がよかったです。

今回、サプライズゲストでカメラマンの稲垣さんに大府子ども食堂の雰囲気を撮影していただきました。私の写真撮影ではなかなか伝わらないところがありますのでお願いいたしました。

ボランティアスタッフとして、中京大学の杉浦さん、御宿くんなどがお手伝いしていただきました。初めて大学生がお手伝いしていただき、若い力で率先的に行動してくれたので円滑に準備・設営することができました。

寄付をいただきました中島特殊鋼株式会社、玉ねぎやスナックエンドウなどの野菜の差し入れをいただきました中村様、おてらおやつクラブの森田様、セカンドハーベスト名古屋からのフードバンクなど多くの方からご協力・ご支援いただきました。ありがとうございました。

今回は幅広い世代がお越しになり、充実した交流やふれあいを行うことができました。食を通じて人と人がふれあいを感じられる場の大切さを感じて貰えたのではないでしょうか。

次回は6月17日12時から開催致します。
またご参加よろしくお願いいたします。

メニュー表が入り口に置いてあります。このメニュー表を書いてくれたのが、今回初参加の中京大学の御宿くんです。
上手な絵でした。
マヨネーズをかけているのは今回初参加の中京大学の杉浦さんです。
真剣な眼差しで作業に取り組んでいました。
みんなでお食事タイム
鯉のぼりいなりかわいいとの評価でした。
NPO法人ROOTSの奥田様とみんなでレクリエーション
子どもたちが楽しみながら身体を動かしていました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト