大府子ども食堂 ふれあい食堂
                           

第20回大府子ども食堂

本日、第20回大府子ども食堂が開催されました。
今回も前回に引き続き満員御礼でした。
誠にありがとうございました。

本日のメニューはカツカレーライス、サラダ、きんぴらごぼう、茹でそら豆、茹で卵、フルーツあんみつでした。
美味しそうと食べていました。カレーやフルーツあんみつ、そら豆などおかわりしている人がいました。
中村さんから採れたてのそら豆をいただきました。そら豆は採れたてなので、野菜の甘みが出ており新鮮でした。

レクリエーションは今回4回目となるお山の杉の子さんでした。電子紙芝居や音楽、手品、そして最後にバルーン風船を子供たちにプレゼントしておりました。
最後まで子どもたちの楽しそうな声が会場いっぱいに広がっておりました。

今回は中島特殊鋼株式会社の中島会長からの推薦をいただき、中部経済新聞の取材をいただきました。誠にありがとうございました。
子ども食堂見学の団体も2団体お越しになりました。ますます愛知県に子ども食堂が増えていき、子どもたちの居場所が増えていくといいですね。

次回は6月16日11時30分から横根山集会所で開催致します。メニューはわかり次第こちらにアップします。
レクリエーションは大府ボードゲーム広場の笹木さんにお願いしております。市民活動センターコラビアを通して、是非一緒にやりたいとお電話をいただきました。
ありがとうございます。
また次回も皆様と一緒に楽しいひと時を過ごしましょう。

楽しそうに食事をする子どもたち
監事の脇本さんがお越しになりました
開始間もないのに参加者が足を運んでくれました。

子ども食堂を立ち上げたいという団体が2団体見学にきました。
中部経済新聞の取材を受けました。
市民農園の中村さんから採れたてのそら豆をいただきました。野菜の甘みが出ていて、美味しかったです。
参加者同士でふれあっています。はじめてでも終わる頃には仲良くなれる居場所が大府子ども食堂の魅力です。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト