大府子ども食堂 ふれあい食堂
                             

第21回大府子ども食堂

本日は第21回大府子ども食堂の日でした。
今日も40名以上の参加者にお越しいただきました。お忙しい中ありがとうございました。
毎回来ているお子さんが
「いただきます」
の掛け声をかけて、みんなで食事をし始めました。
年配の方と子どもたちが同じテーブルで食べたり、交流するなど多世代交流をされておりました。唐揚げを口いっぱいに頬張りながら、美味しそうに食べていました。

今回のメニューは唐揚げ山盛りセットでした。
ミネストローネ、ししゃもフライ、野菜サラダ、フルーツプリン、かぼちゃの煮物、じゃがいもとズッキーニ炒めでした。
唐揚げの鶏のもも肉は味仙様より寄贈されました。
かんぱん、ようかんは(株)豊田自動織機碧南工場様より寄贈されました。
子どもたちや参加者が美味しくいただいておりました。ありがとうございました。

レクリエーションは大府ボードゲーム広場をお呼びして、様々なボードゲームを楽しんでおりました。子どもたちがボードゲームにハマって、終了時間が30分以上オーバーしましたが、楽しいひと時を過ごされておりました。
子どもたちが「また子ども食堂に遊びに来てね」ってボードゲーム広場さんのメンバーに声を掛けているのが印象的でした。
この場所がみんなにとって居心地のいいアットホームな居場所になっていることを感じる一コマでした。
何より大府ボードゲーム広場さんの皆様がこの空間に馴染むように、子どもや大人など世代間を超えて引き込んでいくように導いていき、参加者同士のふれあいが育むことができたことが良かったです。

今回、大府市長 岡村秀人様が公務ご多忙の中、大府子ども食堂にお越しいただき、皆様と一緒にお食事を召し上がっていただきました。
また、最後にご挨拶をされて心温まるお言葉を頂戴致しました。誠にありがとうございました。今後も地味にコツコツと続けていけれるように、皆様からのご支援・ご協力よろしくお願い致します。

次回の第22回大府子ども食堂の開催は7月21日11時30分から場所は横根山集会所で行います。レクリエーションは大府学研究会の廣江様より大府の歴史の話と缶バッジづくりを行います。またたくさんのご参加をお待ちしております。

唐揚げ定食
(株)豊田自動織機碧南工場様から食材の寄贈がありました。
味仙様から鶏肉の寄贈がありました。
伊藤さんがプレゼンをしている様子
岡村秀人大府市長より貴重な言葉を頂きました。
今回のメニュー表。
各テーブルに置いてあります。
手書きで書いてあり、温かみがあるとお褒めの言葉をいただきました。
大府ボードゲーム広場さんのボードゲームで楽しそうに遊ぶ子どもたち
参加者の子どもが前に出て「いただきます」をしています。
みんなでクイズを楽しんでいます。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト