大府子ども食堂 ふれあい食堂
                           

第33回大府子ども食堂ふれあい食堂

いつも多くの皆様よりたくさんのご支援、ご声援を賜わり、誠にありがとうございます。
本日8月18日(日)、第35回大府子ども食堂ふれあい食堂を開催しました。
今回もご参加くださいました方々に深くお礼申し上げます。

今月で設立3年目になりました。これまで多くの方々のご支援、ご協力により開催することができました。これからも参加者の笑顔あふれる居場所になるよう努めてまいります。今後とも皆さまのご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

今回の開催にあたり、豊田自動織機碧南工場様、東海市子ども食堂様、おてらおやつクラブ様など多くの方々からご寄付いただきました、ありがとうございました。

今回は防災体験として、おおぶ防災ボランティアさんをお呼びして、防災食づくりと非常持出品ゲームを行いました。
防災食では参加者がハイゼックス袋を使い、袋詰め、ゆで、むらしてお米をつくり、ポリ袋で切り干し大根サラダを作りました。少々お米のパサつきはありましたが、災害時の食事をそれぞれ体験しました。

非常持出品ゲームでは参加者1人1人が持出品選出シートを使い、各々持出したいものを選んで、重さを計算し、実際にリュックに重りをつめて、重い軽いなど重さを体験しました。

防災の日が近く、これから防災を少しでも意識する良い機会になりました。また今回知多メディアス様の取材があり、開催の模様が8月20日(火)17時から放送されます。ぜひご覧ください。

次回は9月15日(日)午前9時15分からです。レクリエーションはうちわづくりです。皆様のご参加をお待ち致しております。よろしくお願いします。

大府子ども食堂ふれあい食堂
代表 内田
連絡先09038810609
または水野
連絡先0562-47-7552

お米と切り干し大根サラダは防災食として、作成しました!
今回のメニューです。
皆さんで防災食を頂きました、

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト