吉田自治区&吉田まちづくり協議会
                               

吉田まち青パト隊通信

 吉田まち青パト隊は平成20年8月に、隊員29名、青パト車7台で発足し10年が経った。
令和2年2月現在、隊員31名、青パト車10台で構成されている。
 隊員はボランティアで青パト車は全車自家用車で無償供与されている。
 防犯・事故防止・防火等、見守り・啓発・抑止効果を目的としてパトロールや各種イベントへの参加などをしている。

 令和2年2月9日(日)吉田公民館ホールで第37回芸能祭が開催された。
毎回の芸能祭で犯罪抑止を願って、隊員たちが寸劇を行っている。

今回の演目は「キャッシュカードすり替え詐欺」だ。卒業名簿を基に息子を名乗って、扁桃腺が腫れたとか携帯をトイレに落としたなどと新しい番号に誘導する。これがアポ電と言われる事前工作だ。
 その数日後に偽息子から電話があり、愛知県警からの問い合わせなどと言って口座番号を聞き出す。
 数日後県警刑事・鑑識班・銀行協会など登場してきて、キャッシュカードと暗証番号を入れた封筒をすり替えられ、お金を取り返す保証金も要求された。
 結果カードで現金を引き出され、保証金も渡してしまう。
 結論…細かなやり取りは省略しているが、訳もわからないうちに騙されてしまう。
 少しでもおかしいと思われる電話があっても、慌てずに一呼吸入れて出来れば誰かに相談しよう。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト