Farm to Table 〜農と食をつなぐ〜
                               

「ガチDE田んぼやろマイ」プロジェクト みんなで田植えをしました

私達は、今年、お米作りに焦点をあて、2つのプロジェクトをとりくんでいます。
まず1つめは、素人が耕作放棄地を開墾して、イチから米作りをしていく、「がちDE田んぼやろマイ」プロジェクト。

種もみから自分達で苗を育てました。苗作りの土から、自然栽培農家さんにもアドバイスをうけながら自分達で作ったり、選んだりしました。
そう、ガチでお米作りを素人からはじめています。

さる6/4(土)田植えのイベント(機械、手植え)を行いました。

ついに、田植えです。天気にも恵まれ、むしろ暑いくらい。
ここまで無事に育ってくれた苗。使う苗土や種籾の種類によって、そんなにも成長が違うんだなぁ〜とやってみてとても勉強になりました。

播種から1ヶ月も経つと、こんなにも根っこをはりめぐらせて立派な苗に成長します。お米のたくましさを知りました。

午前中はこのやろマイメンバーで田植え機に乗車させてもらい、田植えを経験しました。
…真っ直ぐ走るのが難しい。
また上手く機械が苗を掴めなくて、歯抜けになってしまう所も。これは後から手で植えることとなります。

看板もみんなで作りました。

午後からは体験メンバーを募って一緒に手植えイベントもやりました。

小さい子ども連れの方から、大学院で農業を学ぶ人など農的生活に興味のある人がこんなにも多世代に渡っているのに嬉しさを感じました。

子どもたちも沢山いたので、まずは田んぼの絵本タイム
じっくりと聞き入っていました。

いよいよ、田んぼの中へ…
外は太陽ギラギラで暑かったのですが、田んぼに入ると足下はヒンヤリ。風と合間って涼しい〜
大切な苗を1つ1つ丁寧に、心を込めて植えていきます。
気付くと大人も子どももみんなとってもいい笑顔。今日会ったばかりなのに、話も弾む。これも自然が引き出してくれるのかな。
それぞれが、それぞれに色々と感じ取った1日だったと思います。

自分たちで育てた苗を参加者さんにもお分けして、自宅で育ててもらうことにも挑戦してもらいます。

みんなで作り上げるこの田んぼを一緒に見守っていきましょう。

次回、草取りレクチャーイベントも企画してます。

待ち時間はお米作りのお話読み聞かせ会
多くの参加者さんが集まりました。
初めての田植えを楽しむ家族連れの皆さん
みんなで看板作りました!
ガチで楽しく田んぼやりたい気持ちを表現しました。
種もみから、素人の私達が育てた大切な苗。
田植えの機械に乗せてもらい大興奮!

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト