子ども文化交流会
                               

第2回子ども芸能祭

 11月29日(日)大府市役所多目的ホールにて『第2回子ども芸能祭』を開催しました
 たくさんのお客様に応援していただきました
 ありがとうございました

 大府市役所文化国際課の委託事業として,5月に事業の主旨説明会を開催し,主旨にご賛同いただいた10団体のご参加を得て準備を進めてきました
 6月から月に一回ずつの実行委員会への参加はかなりの負担に感じられた委員さんもおいでのようでしたが,子どもたちや団体の活動のために,よくご尽力いただきました。

 このサイトでは,準備から,オープニング,各団体の発表,アトラクション,交流会までと,会場の外に展示した活動などを紹介します

看板と準備の整った会場がたくさんのお客様の入りを待っています
金曜日の夕方から始めた準備
本番直前の土曜日は朝から準備やリハーサルを行いました
いかにも「子ども」芸能祭にふさわしい会場の環境ができあがっています
いよいよ「子ども芸能祭」の開場間近です
受付準備も完了です
かわいい子どもたちがあいさつをしながらプログラムや靴を入れる袋を手渡してくれるはずです
会場に入ったお客様は,きっと子どもたちの手づくり看板と豪華な金屏風に目を奪われたことでしょう
さ オープニング
ピアノの伴奏に合わせて,参加団体を代表する子ども実行委員がプラカードを掲げて入場です
各団体代表勢ぞろいで「第2回子ども芸能祭」の開会宣言です
それぞれの発表にむけて,ステージと客席とが一体となって機運が盛り上がりました
ここから先は,各団体の出し物をトピック的に掲載します
最初の出し物は地元の伝統芸能
「横根藤井神社祭礼中組三番叟囃子保存会」による子供式三番叟です
『小学校生活の良い思い出になるよう一生懸命に演じます。どうぞ見てください。』
共和西児童老人福祉センター「キッドビクス」のみなさんです
『いつも元気いっぱいな僕たち私たち! 今日はお母さんと楽しく踊ります。応援してください』
大府と吉田の児童老人福祉センターで詩吟の練習に励む「うぐいす&ひばり」のみなさんです
『詩吟がとても好きです。漢詩の勉強にもなります。これからも楽しくがんばりたいと思います。』
石ヶ瀬児童老人福祉センターの「イエローストーン」のみなさんです
『元気いっぱい! 笑顔いっぱい! パワフルな20人で踊ります☆』
大府児童老人福祉センター「日本舞踊さくら」のみなさんです
先生からは『初めてのことですが,お母さん方も子どもさんも熱心に楽しんでいらっしゃることがとてもうれしいです』とメッセージをいただきました
「北山ソーラン会」のみなさんです
『「才能」より「努力」 ☆ヤル気を出そう! 熱く生きよう!!』
午前の第1部が終わったところでのアトラクション演技は「大府小学校放課後クラブ」のみなさんによる詩吟です
第2部の始まりは「笑学生落語クラブ」のみなさんです
『みんなで笑って,みんなで楽しみましょう』
客席からも参加した「高座体験」です
大府児童老人福祉センター「ダンスクラブ・レインボー」のみなさんです
『最後に嵐の“One Love”を全員で歌いたいと思います。知っている方は是非一緒に歌ってください』
「横根藤井神社祭礼中組三番叟囃子保存会」のみなさんによる横根藤井神社祭礼子供囃子です
『がんばります。笛と太鼓の練習成果を聞いてください』
神田児童老人福祉センター「花笠クラブ」のみなさんです
『花笠音頭や大府の伝統ある大府ばやし・大府小唄の踊りが上手に踊れるよう練習しています』
子ども芸能祭の最後は「おおぶ花まつり&でらおおぶ」のみなさんです
『おどれば誰もが正義の味方サ“柿の助パラパラ”
観客ゼロ!全員がおどり子になろう“うらじゃ音頭”』
会場中の熱気が最高に盛り上がりました
発表会は全部終わりました
エンディングは子ども実行委員勢ぞろいで,浅田実行委員長からお礼のあいさつです
ここから交流会
最初は○×クイズです

さ あなたは○?
  それとも×?
問題は3団体が考えてきてくれました
問題が簡単だったのか,みんなが正解でした
ゲームの2つめは“同じお誕生月の友達をさがそう”です
知らない人にも声を掛けてグループをつくっていくことが大切です
同じお誕生月の友だちと“おやつタイム”です
手づくり袋の中には手づくりクッキーも入っていますよ
おやつを食べながらの会話も進みます
交流会第3部は“歌”です

“崖の上のポニョ”の振りは幼児とそのお母様方が出てくださいました
「やれる子はリコーダーを持ってきていいよ」
たくさんの子どもたちがステージに上がってくれました
ピアノ伴奏,リコーダー伴奏,みんな主役は子どもたちです
まずは手を挙げて参加すること
大切な心構えでしょう
交流会第3部の歌を歌う場面でピアノの伴奏をしてくれたみなさんです
“さんぽ”の歌に合わせて会場のみんなが手話の動きをしています
司会の子,クイズの問題を出す子,伴奏に出てくれた子
みんなよくがんばったね
君たちのおかげで交流会ができたよ
会場の出入口前には,子ども芸能祭に参加した各団体の日頃の活動を紹介する掲示を展示しました
他にも市内で活動する子どもを対象とする文化活動団体も作品展示でご協力くださいました
子ども文化交流会主催の「川柳教室」の作品展示です
子ども文化交流会主催「押絵の講座」と「クッキーつくり隊」の活動紹介です

本当にたくさんの方々にお支えいただいて「第2回子ども芸能祭」を成功裏に終えることができました
「何か手伝えることがあれば手伝いますよ」と声をかけていただいた方もあります
ただただ感謝です

大人の責任として,地域に生きる子どもたちに 目を掛け 声を掛け 手間を掛けて 子どもたちが健全な社会人として生きていけるような成長を期待したいものです

最後までご覧いただきありがとうございました

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト