AFS日本協会 名古屋南支部
                             

AFS年間留学生お別れパーティー

平成22年1月17日、AFS名古屋南支部平成21年度年間留学生のお別れパーティーを大府市勤労文化会館にて行いました。
今年度は都合により2名が早期帰国してしまったため、最終的にマレーシアとカンボジアからの学生2名となりましたが、受け入れて下さったホストファミリーのみなさんやご協力いただきました関係者の方々には深くお礼申しあげます。留学生の2名においても、言葉や文化の違う国での生活はとまどうことも多かったと思われますが、この1年間に得たたくさんの体験や思い出は、彼らの人生において必ずやかけがえのないのものになることと思います。


 
   

マレーシアからの留学生のアルビンです。留学当初は日本の高校生活に戸惑いを感じていたようでしたが、今では名古屋の大学への進学を希望しています。
アルビンのホストファミリーの西山、澤田さん一家です。アルビンの通う高校が遠かったため、早朝からのお弁当づくりをお願いし、また毎朝の朝食はアルビンと一緒に取るのが日課だったそうです。
カンボジアからの留学生のニモルです。日本語ができない頃はとかく孤立しがちですが、彼女の場合はその持ち前の明るさですぐに打ち解けてくれました。
ニモルのホストマザーの森山さんです。ご家族の生活時間帯が合わなかったため、時間調整が難しい中、淋しい思いをさせてしまったのではないかと、最後までニモルを気遣って下さいました。
今年度、アメリカに留学する予定になっている、高校生と中学生の2人と、その保護者の方々です。2人とも全く不安のない様子で堂々と意気込みを語ってくれました。
今年の1月にドイツから、去年の夏にフランスから、一年間の留学を終えて帰国した学生たちです。数々の貴重な経験を経て大きく成長した姿が印象的でした。 

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト