AFS日本協会 名古屋南支部
                             

AFS名古屋南支部1カ月オリエン&ピクニック

2010年4月24日,大府市勤労文化会館にて来日一か月になる年間留学生のためのオリエンテーションを行いました。留学生たちは、事前に宿題にしておいたレポートを中心に、片言ながらもがんばって日本語で発表をしてくれました。今はまだやはり日本語がネックになっていると口を揃える彼らですが、この分ならすぐに問題はなくなるのではないかと思うほどの上達ぶりでした。
それぞれの高校でアレックスはサッカー部とダンス部、カラはバスケットボール部、リズとアリッサは剣道部に入りました。みんなホストマザーが作ってくれるお弁当は本当に美味しいといいます。日本での高校生活もまずは順調なスタートをきったようです。

 
   

アレックス(左)は日本の漫画史について調べたことを発表し、早く日本語で漫画が読めるようになりたいと話していました。
カラ(右)はフランスと日本の高校生がどんなふうに違うかについて発表してくれました。
リズ(左)は、母国のオーストラリアと比べ高校からの帰宅時間や就寝時間が遅いことに驚き、アリッサ(右)は所属している剣道部で早朝練習も体験中。新しい生活にとまどいながらも頑張っている様子が覗えました。
オリエンテーション二日目にはホストファミリーの皆さんも交え、健康の森でピクニックをしました。留学生同士、ホストファミリー同士、互いに親睦を深めたり、情報交換をするよい機会となりました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト