AFS日本協会 名古屋南支部
                             

親子国際料理交流会

6月5日、AFS名古屋南支部主催(大府市国際交流協会後援)の「親子国際料理交流会」が行われました。このイベントは今回が初の試みでしたが、当日会場の石が瀬会館には50人もの参加者に集まっていただきました。3月に来日した留学生4名とそのホストファミリー、そして一般からの参加者とが料理を通じて交流できるよい機会となりました。

アメリカからの留学生アリッサはピザやマカロニチーズ、コスタリカのアレックスはオムレツやフランスパンを使った料理などを紹介。そのほかにも、留学生は、巻きずし作りにチャレンジしました。
オーストラリアのリズは、ピザやチョコのケーキを紹介。できあがった料理を真ん中に皆でテーブルを囲むと、自然に笑顔がこぼれます。話もはずんで終始和やかな雰囲気でした。
フランスからの留学生カラはクレープを紹介してくれました。お父さんが一緒に参加してくださったご家族も多く、料理のお手伝いから小さいお子さんのお世話まで大活躍の1日でした。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト