OBUエニスポ
                             

OBUエニスポ ファミリー体験クラブ           お正月遊びをしよう!                                     平成27年1月11日(日)

新年 あけましておめでとうございます。

年が変わって、最初のエニスポファミリー体験クラブは、お正月遊び!

何がやりたい?と聞いたら、
「書き初め!」
「福笑い!」
「かるた!」
「餅つき!」・・・これは、断念
「凧揚げ!」・・・次回やろう!

ということで、今日は室内遊びをいろいろやりましょう。
 
***************************************
OBUエニスポ全体のホームページは,下のURLでご覧ください。
http://www.medias.ne.jp/~obanyspo/

「明けまして おめでとう ございます」
「今年も、よろしくお願いします」

新年のご挨拶から、今年もスタートしました。

最初に、書き初めから。
書くことは、今年の抱負や願い、目標などです。

さて、何を書こうかな・・・
高学年チームは、一文字で書くことにしました。
もう、何を書くか決まっているようです。
自分の納得する文字を書きたくて、集中。
低学年チームは、まだ漢字もたくさん書けないので、ひらがなで。

「習字、やったことなーい!」
ということで、じいにお手伝いしてもらって書いてます。
どんな1年にしたい?
何をがんばりたい?

思いを込めて、じいと一緒に文字を書きます。
こうやって文字を書くって、楽しいよね。
さて、次は、お母さんの書き初め時間ですよ!
「僕は、お母さんと書きたーい!」

文字を書けないような、小さな子どもさんも、一緒に書いてみました。
「お母さん、何書くの?」
「その漢字、どうやって読むの?」

子どもは、お母さんの姿に興味をもって、いろいろなものを学びます。
☆発表会☆
「想」
今年は、ちゃんと考えて、自分の気持ちをもって行動したい!

「静」
ざわざわした日々ではなく、気持ちも静かに、ちゃんとしたい!
「プール」
たくさん泳げるように、がんばりたい!

「たのしくいきる」
楽しいと、嬉しいからです!
お母さん達も、発表します。
僕も書いたよーっと!
お母さんの名前の後ろに、
「おかあさん」と付け足してます。
お母さんたちの思いも、いろいろ。

みんなの「新年の思い」を、一年間持ち続けて、すばらしい日々が過ごせますように。
さて、次は「かるた」

ゴザの上に、カルタを広げていきます。
今回は、「農業だじゃれかるた」

高学年のお姉さんたちが、カルタを読んでくれました。
みんな真剣ですよ!

お姉さんたちは、ちょっとだけ手加減をしてあげます。
文字の読めない、弟や妹は、ちょっとだけ取りやすく工夫も。

こういう場面で「思いやり」が育ちます。
最後に、「福笑い」

目はココだよ!もっと上だよ!

みんな大いに盛り上がります。
できあがった顔がおかしくて大笑い!

ちいさな子どもは、その顔を直そうとしちゃいます。
年齢の違う子どもたちが、丸く固まって、ひとつの遊びに熱中する。

こんな姿が、一昔前の日本には、当たり前にあった風景でした。
お正月、こういった遊びがいつまでも日本の家庭にありますように。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト