おおぶ防災ボランティア
                             

HUG(ハグ)カードゲームで学ぶ避難所運営訓練(2016年6月)

日時 2016年6月16日(木)10〜12時
主催 大府市民活動センター【コラビア】
講師  特定非営利活動法人愛知ネット事務局員 内藤氏
指導員 おおぶ防災ボランティア(代表:深谷友造氏)6名
参加者 29名

内容 避難所運営ゲーム(Hinanjo Unei Game)を使った「疑似体験」
 (1)避難者(老人・乳幼児・妊婦・外国人・車椅子の方)を
  いかに適切に配置するか
 (2)避難所で発生する諸問題にどれだけ適切に対応していくか

感想
東大震災や熊本地震の発生状況から、南海トラフ地震への発生が
危惧される中、参加者全員が積極的に発言しながら、
体育館への配置や教室への振り分けなど
避難者が気持ちよく過ごすための適切な運営を体験されました。


 
   

・受付はどこがいいかな?
・体育館の通路はどうします?
・避難者は区割りにすると
いいネ!
・ペットはどうしましょう?
・備蓄品はどこへ置きましょう?
・車椅子の方や病気の方は
 どうしたらいいかしら?

・他のグループの運営状況を
 全員で議論し「有事の際に
 役立つ」とみなさん参加して
 良かったと感想をいただき
 ました。

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト