安全環境推進グループ階(きざはし)
                             

アダプトプログラム 2

 7月31日(土)、8月1日(日)階アダプトプログラムを実施しました。今回はゴミ収集も課題でしたが、草で隠された状態でしたので、応援の田中氏に155線の剪定を頼み
鞍流瀬川のリバーサイドの除草をさせていただきました。
 川下の用水は運よく業者の方が4名来てくれて、草を刈ってくれましたので大助かり除草の労力は半減しましたが、暑いので水分補給に気を使い川東側の草刈りはおよそ1時間で終了。
川西はトリマーが無いと、剪定できないので、今回は保留し、通行の邪魔の木の枝を剪定しました。夏は2週間に1度しないと草木の成長には対応できません。今後は近隣の方の応援を依頼して、年4回はアダプト実施を企画していきます。月見町お住まいの方よろしくお願いします。

 
   

●用水の剪定、2週間前にガードレール周辺の草を刈りましたが、直ぐに伸びて、業者の方がきてくれるとは感謝ですね。
●川西の歩道部分の剪定必要です。県の管轄ですので確認してからの対応ですが、散歩の方は道路を歩く方も、
●木立が伸び、歩行者の通行に支障があります。こちらも確認後の剪定になります。
●一人アダプトから、二人アダプトに、155号線の植木の剪定、伸びて視界確認の障害部分のみ、剪定します。飛び石防止として、除草も土に触らない高さで実施

前のページへ戻る
大府市民活動支援サイト